株式会社東邦ハウジング
注文住宅
テクノロジー
コンセプト
サポート
木造軸組工法
日本の風土に合った伝統的な住宅建築工法で、土台、柱、梁、筋違等を構造の基本としています。
近年は建築基準の強化や各種の補強工事等の普及により、強度や耐震性についても飛躍的に改善されています。
狭い土地や変形敷地に対応できる柔軟性や、部分的な修繕・改築を行うことができるメリットがあります。
木造軸組工法
ダイライト
住まいの基本性能を高める耐力面材ダイライトを提案
地震や火災などの災害に強く、住みやすく、しかも快適。そんな価値ある家造りをダイライトで実現なさいませんか?
火災に強く、地震や台風にも優れた強度を発揮します。
木造軸組工法 木造軸組工法
防腐・防蟻性に優れ、寸法安定性・透湿性にも優れた[ ダイライトMS ]。
外壁通気構法の効果をより高める下地材です。
また、軽量ながら構造用合板(特類)と同レベル以上の強度を誇るとともに、防火性が高いなど、外壁下地材に与えられた多彩なニーズに対応。
12mm厚と9mm厚の2種類を用意しています。
■ ダイライトMSは外装仕上げ材や断熱材の種類も豊富な防火構造認定を取得。
■ 壁倍率3.0倍(12mm厚、木造軸組の場合)を取得しています。
断熱材
断熱材 断熱材
独立気泡の小さな泡の中に期待を閉じ込めました。これにより、熱伝導率の三要素として知られる熱の「対流・輻射・電動」の数値を小さく固定しています。独立気泡が熱をさえぎり、結露を抑制します。
断熱材
独立した気泡構造により、断熱の大敵である水が入りにくく、断熱性能の劣化を防いでいます。
断熱材
フロン及びPRTR法対象物質の発泡剤としての使用を取りやめました。また、ホルムアルデビドも含まれておりません。マテリアルリサイクルも可能で、グリーン購入法にも適合しています。
施工事例はこちら
物件情報はこちら
水まわり